これまで、つよぽん(浩一)の緻密に仕組まれた罠に、次々と落ちていった3人

1話:タイで遭遇した事件の実行犯の1人である医師の五十嵐(甲本雅裕)
2話:嘘の証言をした弁護士・六反田(飯田基祐)
3話:幼い浩一に嘘の証言を強要した刑事の三輪郁夫(六平直政)

 

嘘の戦争 4話 あらすじ
そして4話はこの人、代議士の四条綾子(ジュディオング)です。


綾子にはできの悪い息子の司(森岡豊)がいて、こいつが大学生の頃、強姦未遂のOL殺人事件をおこしました。

綾子はこの事件をもみ消してほしいと仁科興三に依頼しました。

 

この時の解剖にあたった医師を取り込もうと興三は試みますが、その時一緒にいた医師(浩一の父)がおかしいと気づきます。
浩一の父は警察に通報しようとしたため、殺されてしまったのです。

 

そうです、30年前のあの事件の直接の要因は、バカ息子の事件を隠蔽しようとした綾子にあったのです。

このバカ息子は30年たった今でもバカです。

ことごとく事業に失敗し、借金をしこたま抱えています。

綾子の一番の心配の種です。

 

その弱みに付け込み近づくため、浩一は相棒ハルカ(水原希子)を占い師にさせて復習します。

 

また、これと並行して大本命である仁科興三の娘の楓(山本美月)にプロポーズをします。
長男の晃(ヤスケン)も浩一のことが気に入っていますが、未だに次男の隆(藤木直人)は警戒しています。

警戒というより益々疑いの目でみます。

30年前の事件の共通点に気づき、千葉陽一が犯人だと確信します。
ただ、陽一と浩一が同一人物だとわかっていません。

 

あ~早く次が見たいです。

4話は1月31日の夜9時からですのでお見逃しなく。




見逃し配信(無料)

見逃した方は、我慢するしかありません。
・・・・が、そんな切ない終わり方では怒られそうなので、お勧めは「フジテレビンデマンド」でご覧になれます。

こちらは、現在のドラマもさることながら、過去のドラマもご覧になれます。

まずは無料お試しからご覧になるとよいです。

まずは無料でお試し!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

そして、フジテレビだけでは飽き足らず、多チャンネルも全て見逃したくないという方には、<U-NEXT>

無料お試し期間もございますので、まずはお試し!

ドラマ観るなら<U-NEXT>

 

 




 

 

おまけ 第三話の感想

第三話に登場した三輪郁夫(六平直政)は、今まで復習にあった二人と違い、どこか人間臭くて、犯罪に加担したとはいえ、少しだけ許せる人でした。

過去の捜査の隠蔽工作に手を貸したことをずっと悔やんでいた三輪。

最も屈辱的な嘘を強要された浩一。

その2人の複雑な部分が垣間見れたしーんに、心温まる感想があがりました。

 

「今回が一番深く刺さった。結果号泣…」 「つらい。今回号泣したー」 「深すぎる…話が悲しすぎてつらい!」 「刑事さんが予想以上にいい人すぎて号泣する」 「今回だけはさすがに泣いた」 「せつないね」 出展 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00027485-etalent-musi