奪い愛、冬 視聴率 第一話

「奪い愛、冬」の第一話の視聴率が発表されましたね。
初回は「6.6%」でした。

ゴールデン組では
1位 A LIFE〜愛しき人〜が14.2%
2位 東京タラレバ娘が13.8%
3位 嘘の戦争が11.8%
・・・が上位3番組でした。

こちらには及ばないまでも、深夜番組としてはまずまずのスタートではないでしょうか。

ちなみに、7%超えたらヒット、10%超えたら大ヒットと言われているそうです。

岡田准一さんの「SP」は超スーパーヒットで14%超えでした。

一回目の見た人の口コミで、徐々に上がっていくと思いますので、7%までもう目の前!

第一話のあらすじや感想はこちら

 「奪い愛、冬」 あらすじ 第一話

 

 「奪い愛、冬」 感想 第一話

 

 


スポンサーリンク


 

 

第二話 あらすじ

 

 

3年前に突然姿を消した元彼・信(大谷亮平)との再会を果たし、心が大きく揺れ動く光(倉科カナ)。そんな中、光はよく足を運ぶお気に入りの場所で、信とまたも遭遇してしまった。自分の心は今や信にない――そう自らに言い聞かせるためにも、翌日、光は2人で会った事実を婚約者・康太(三浦翔平)に告白。だが、その際、アクシデントで信に抱きしめられたことだけは、どうしても言えなかった…。

康太に頼まれ、光は信との思い出の場所へ康太を連れて行くことに。ところがそこで、信の妻・蘭(水野美紀)と会ってしまう! 実は、蘭は日々GPSで信の動きを監視しており、彼がこの場所で光と会っていた証拠までも見つけていた…! もちろん、光も康太も、蘭が何者であるか知る由もない。そんな2人の前で、蘭は一突きで光の心臓をえぐるような、陰険な行動に出る!

その後、光を早く自分だけのものにしようと焦った康太は“ある計画”を練り始める。一方、信は3年前に何があったのか、すべてを光に打ち明けようと決意。光を呼び出すが、それが“とんでもない恐怖の事態”を呼び寄せてしまう――。

出展 http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/story/0002/

 

 

 

いよいよ第二話では、元彼・信(大谷亮平)が光(倉科カナ)に3年前、どうして突然姿を消したかを話すようですね。

水野美紀との間にどんなことがあったのでしょうか。

足のことも当然関係あるのでしょうね。

一話だけでも「足が疼く~・・・」って何回も言ってましたね。

予告動画の「今日排卵日なのに、、、、」と水野美紀が叫んでいるのが怖かったっす。

毎回水野美紀が、面白いセリフを連呼しそうです。

このドラマをみた次の日は、美紀ちゃんのセリフで阿蘇寝そう!

 

ツィート見ていたら、昭和のドラマとか、韓国のドラマみたいという声も上がっています。

ワンパターンでも、なぜか見たくなるんだよな。。。

年をとったせいかな。。。

第二話はもっと視聴率上がるといいな、、