第一話のあらすじ

外科医・沖田一光(木村拓哉)がアメリカ・シアトルから
東京にある壇上記念病院へ10年ぶりに戻ってきた。

院長・壇上虎之介(柄本明)が心臓疾患で倒れ、虎之介から
その手術を任されたのだ。

しかし虎之介の娘で小児外科医の壇上深冬(竹内結子)と
その夫で副院長の壇上壮大(浅野忠信)は、沖田を壇上記
念病院に再び迎え入れることに戸惑っていた。

 

深冬はかつて沖田と交際しており、壮大は沖田と幼馴染だったのだ。

沖田がアメリカへ渡ったあと、壮大は脳外科医でありながら
秀でた経営手腕を虎之介に見込まれ、深冬と結婚。

経営の合理化を進め、壇上記念病院での確固たる地位を築いていたが、
最近では経営方針を巡って虎之介と対立していた。

 

 虎之介を診察した沖田は、第一外科部長の羽村圭吾(及川光博)が
反対するにも関わらず、難しい虎之介の手術をやれると言い切る。

外科の若手医師・井川颯太(松山ケンイチ)はいきなり現れた沖田に
懐疑的、オペナースの柴田由紀(木村文乃)は沖田に興味を持つ。

手術当日、祈るように手術室のモニターを見守る深冬。
一方で病院の顧問弁護士・榊原実梨(菜々緒)と手術室の様子を見て
いた壮大は、この10年で沖田がオペの腕を上げたことを感じていた。

沖田が手掛けた虎之介の手術は成功したかに思えたが…。

出展http://www.tbs.co.jp/ALIFE/story/1.html

 

 

★感想

SMAP解散後、初めてのキムタク主演ドラマ
「A LIFE~愛しき人~」が25分拡大して放送されました!

竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、柄本明、
浅野忠信、及川光博等豪華キャストを揃え、番宣も力
をいれて臨んだだけあって、見入ってしまいました。

柄本さんは、役柄としては院長というお堅い役ですが、
どうも「バカ殿」の芸者のイメージが先行してしまい、
真剣にみることができませんでした。

真田丸にでていた大泉洋もそうですが、役者さんが
バラエテイにでると嬉しい反面、真剣な役の時は、
どうも先入観が抜けきれません。。

医者役は初挑戦の木村さん、熱演がとてもよかったです。
「できることがある、やれることがあるんだ」という
医者としての使命感みたいなのが、ビンビン伝わりました。

ネット上の声ではさほど評価されていませんが、私は単純
なせいか、「どんな状況でもあきらめちゃいけない!」
いう職業観とか、人間観を問われているような気がして、
ドラマの中に引き込まれました。

 

キムタク以外では及川さんの、世の中を要領よく渡っていく
人間の醜い部分の役柄が、ぴったりだと思いました。

「実力もないのに、世渡りばっかりしやがって」とついつい
つぶやいてしまいます。
あのメガネも一層いやらしさを演出してくれています。

 

その狭間でゆれる松山ケンイチくんも、上手だと思いました。

自分の立ち位置や、木村文乃さんとキムタクが本業で真剣に
取り組んでいる姿と自分を対比していましたね。

弁当をゴミ箱に投げつけ、後でそれを食べているシーンの中
に、いろんな葛藤と戦っている様子が伝わりました。

 

浅野さんもはまってましたね。
竹内結子さんの心が、昔の恋人の元に戻っていくことへの
やるせなさや、あせりも拳一発に表現していました。

それにしても「浅野パンチ」見応えありましたね。

一回で撮り終えたのならよいですが、何回もパンチしてたん
なら、きつそうです。

 

ドラマとは知りつつも、榎本さんの意識が戻ってよかったです。

エンディングで、竹内さんの脳の深いところにできた腫瘍が
放送されていましたね。

 

次から次へと新たな問題が生まれ、解決し、、とこれからも
目まぐるしく展開しそうで楽しみです。

 

 

 

 

a Life 感想 Yahoo編

Aさん
感想、ふつう。

主役より脇役が気になる。
松ケン、木村文乃ちゃんの演技が好き。
竹内結子ちゃんの演技は苦手、かな。
キムタク、ふつう。

 

 

Bさん
及川ミッチーは、こういう役をやらせたら右に出る人はいない、
まさに職人とでも言うべき安定感。

きっちり仕事してて、素晴らしいなあ。
マツケンはやっぱりセンスを感じる。

 

Cさん
浅野さんはなんだかかわいそうなことになってて、お気の毒。

星??3つとしましたが、来週も気になって見ちゃうかなぁ。
なんだかんだ豪華感あるからね~

 

 

Dさん
このドラマはW木村のドラマだ

以前あったよね
W浅野

 

 

Eさん
木村文乃さん仕事できてステキです。
なんだかんだ最終的には医師の方針なんだけど、
意外と現場ではカンファレンスなどで看護師や療法士も
それぞれの立場から意見するよ。

対等な立場でのチーム医療が普及してるから、キムタク
が治療方針考えてたときに、木村文乃さんが質問したり
意見する場面は、そんなに気にならなかった。

特に、キムタクはアメリカで働いてたから、ナースと
意見交換することは慣れてたはず。

アメリカの専門ナース?認定ナース?は確立してるからね。
日本の古~い“お医者様”には、「俺様に意見するのか」と
時代錯誤の人もいるけど。

その雰囲気を引きずってるのがミッチー系かも。
マツケンみたいな、どっちつかずの若い医者もよく分かる。

有能な看護師に軽くあしらわれてるのも、ウフッって思う(笑)

 

 

Fさん
自分が愛人がいて、

親友おいだしたのが、本当だったら
もうだまっとよけよ
人のこという資格ない

出展 http://tv.yahoo.co.jp/s/review/353513/

 

 

いろんな人がいて、その立場で見方も随分変わりますね。

医療従事者のかたも結構いらっしゃるようで、コメントは興味深いです。

キムタク以外の俳優さんにもたくさん注目が集まっていますね。