a Life 感想 第二話

初回の放送で、院長の2回目の手術を決めるとき、ダブル木村以外はみんな敵の状況の中、無事手術を成功させた時は「スカッ」としました。
キムタクの復帰から、腐っていた壇上病院が少しずつ変わっていく様子が、次もまた見たいという気持ちにさせます。

初回のあらすじはこちら

   「a Life あらすじ 第一話」

 

今回の第二話の放送では、一人の患者さんをきっかけに、またキムタクが病院全体を動かした。

松山ケンイチは最初こそ、キムタクに歯向かっていたが、最後には「すいませんでした。命さえ救えば、救った気になっていました。でも沖田先生超えて見せますから。」

 

及川みっちーや、浅野忠信もキムタクの「森本さんにとって右手は命なんだよ、俺が切る、絶対に救う」という迫力に押された。

「病院にとってどうか」ではなく、「患者さんにとってどうか」ということが大切。

その根本を力強い言葉で貫くから、キムタクは恰好いい!

第二話のあらすじはこちら

  「a Life あらすじ 第二話」

 

 

 

第二話 YAHOO 感想まとめ

ここからはYAHOOの感想まとめです

「木村君」
普通に面白いと思います。
木村君の演技がいつも同じと言われるけど、田村正和さんもいつも同じ感じだったけど面白かったです。
真剣に取り組んでるのが伝わります。
それにしても浅野さんの目の演技、怖い怖い‥

 

 

「キムタクは悪くないけど」
組織や権力に属さない天才的主人公が、真摯に問題と向き合い、結局正しい結果を出すって、なんかHEROと同じだな!
キムタクの演技は悪くないけど、いつまでもこんな役ばかりでは気の毒。
マツケンの役も、坂口健太郎君あたりの爽やかイケメンとかでいいのでは?マツケンもったいない。
マツケンがキムタクの役だったら良かった。

 

 

「ドラマの設定」
医者役をさせたくて、恋愛も絡めたいなら、何年か前にやってたNHKの「はつ恋」みたいな設定にしたら面白かったんじゃないかと思いました。
キムタク医者、たまたま来た昔の恋人でもある患者の竹内結子を助ける…みたいな。
竹内結子、自分も医者なのに頭痛を何かの病気じゃないかと疑わないの?
まるで専業主婦みたいな、できたわよ~って完璧な夕食。
これ、いっそ竹内結子は医者じゃない方がよかったかもって思います。

 

 

「医者ですけど楽しめます」
QOLが大事で、そんな事は誰でも分かってる?
外科医は命を助ける事ばかり言って
QOLなんか気にしてない外科医はいっぱい
それをこんな医者いないなんていってる人がわかってない
結構今の医者を描いてるドラマだとおもいますが。

 

 

「今夜は、初回より。。」
見ごたえがあったと思う。
平泉さん、柄本さん、浅野忠信さん
マツケン他の圧倒的な存在感が、
主役が浮き上がるのを
押さえる役割をしているせいかも
しれないが・・

あのキムタクが、少し沈んで
脇役みたいな雰囲気になったので、
落ち着いて見られた。

 

 

「3話も楽しみ⭐」
きょうは1回目よりずっと内容に重みがあり、見入ってしまった。
キムタクの手術シーン、ドクターX並みのリアリティは凄い!
浅野さんの副医院長、嫉妬、妬みで今後キムタクを孤立させて行くのかな?来週も必ず見ます。

 

 

「2話の方が更に良いです。」
2話の方が更に楽しめました☆
前回は木村さんのことを批判するコメントが多くて胸が痛みましたが、
自分が面白いと思うなら、それでOKと思うようになりました☆
主題歌もいいなぁー
深冬先生への思いが曲になってて素敵です☆
来週も楽しみです。

 

 

 




 

 

ツイッター 感想 まとめ

こちらはツイッタまとめです。

こちらも一話より二話の評価が高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに浅野さんの声ガラガラですよね。

やっぱり役作りかな、、、

顔の表情も常に何か不安を抱えているような感じ。

これも役作りの一貫なんでしょうか。

演技は素晴らしい、職人さんです!

 

見逃した方はこちらの記事にいろんな方法を記載しています。

 「a Life 見逃しチェック!」